B型肝炎について

Posted by 運営者 on 17/12/18

病院B型肝炎という病名は多くの人が知っていると思いますが、実際にB型肝炎の人が身近にいないと、意外と知らないことも多いようです。そこでB型肝炎の原因は何なのでしょう。B型肝炎は、大人になってからHBVに感染した場合は発症します。またHBVキャリアの人が発症した急性肝炎や慢性肝炎などのタイプもあるとのこと。慢性肝炎が進行すると肝硬変となり肝臓癌へのリスクが高まるというものです。このようにB型肝炎はHBVの感染が原因ということになります。唾液や精液などでも感染するため、注意しなければなりません。

HBVに感染した場合、全身とてもつよい怠さが襲ってくることも。その上食欲がひどく落ち、吐き気なども起こります。そのうち黄疸が発症し、また右側の背中などが痛くなります。初めて感染したときには、そのまま軽い状態で落ち着いてしまい、知らないうちにキャリアになっていることもあるのです。

ではHBVに感染しているか検査をするなら、医療機関で血液検査が行われます。血液検査ではHBVが血中に含まれているかを検査するわけですが、家族にB型肝炎の人がいる場合や血液透析を受けている人、妊婦などは受けるようにしたいものです。B型肝炎は母子感染の危険もあるので、妊娠の可能性がある女性は妊娠前に一度検査を受けておくといいのではないでしょうか。

また、過去に集団予防接種で注射器の使いまわしにより、多くの方がB型肝炎に感染しました。国に訴訟をすれば、最大でも3600万円の給付金を得ることができます。この件に関しては国への訴訟となり、個人で訴訟を起すことは非常に困難ですので、弁護士をたてるようにしてください。一般的な訴訟とは違うので負担は軽減されます。ですので、B型肝炎訴訟での給付金を確実に得るためには、一度弁護士へ相談してみましょう。

Filed under 未分類

Comments are closed.