B型肝炎治療について

Posted by 運営者 on 17/12/15

B型肝炎になるとウイルスを体内から無くしてしまうことは、ほとんど不可能とのこと。つまり治療では肝硬変にならない、もしくはそこから肝臓癌にならないための治療をすることになります。治療には抗ウイルス療法というインターフェロン治療や拡散アナログ製剤を使った治療。そして肝庇護法や免疫療法などがあると言われています。急性B型肝炎の場合、肝庇護療法で多くは治ります。ただしB型急性肝炎の中でも劇症肝炎になった人は、亡くなるリスクも高くなるという危険もあるのです。

抗ウイルス療法は薬剤によって、ウイルスの増殖を抑制する治療と言われています。そのためにIFN注射での治療があり、このIFNとはもともと抗ウイルスとして体内で生成される成分ですが、人工的に作られたIFNを注射によって体内に注入していく方法です。

薬もう一つは、拡散アナログ製剤を内服する方法もあります。抗ウイルス効果を持っている薬剤である拡散アナログという物質を内服することで、ウイルスの増殖を抑制しますが、とても効力が強く副作用もIFN治療より少ないため、注目されている治療法です。

肝庇護療法については、肝臓がウイルスによって破壊されていくことを抑制させる治療です。ウイルスに直接攻撃をするのではなく、徹底的に肝臓を庇護していく治療法です。グリチルリチン製剤の服用する方法があり、肝硬変の人や高齢者に使われているとのこと。

またウルソデオキシコール酸での治療もあります。傾向剤ですが、漢方薬の熊胆の成分を人工的に作ったもので、肝臓の血流を増やし、幹細胞を保護する効果がある治療法です。人それぞれの症状によってはこの方法も使われています。

また免疫療法というものもあります。ステロイドリバウンド療法という方法は、副腎皮質ホルモンであるステロイドは体内の免疫を極端に低下させます。ステロイドによってしっかり低下させておいて、リバウンドを利用して一気に免疫力を高め、HBVが増殖を抑制して症状が抑えられるというものです。

Filed under 未分類

Comments are closed.