B型肝炎の症状

まずB型肝炎になっても一過性感染であれば、急性肝炎を起こすか、まったく自覚がないまま治ってしまう場合があります。どちらも症状がおさまっても、ウイルスは極少量体内に残ると言われています。しかし普段は特に健康にトラブルを起こすようなものではありません。そして一過性感染の7割~8割はそのまま治癒し、抗体ができているので今後発症は起こらないと言われています。

しかし急性肝炎を起こした人のほとんども、抗体ができて二度と発症しませんが、少数の人は劇症肝炎になることも。また慢性肝炎に移行することもあるので注意が必要です。急性肝炎では肝細胞に炎症が起こるため、数ヶ月の治療が必要となります。異常な怠さや食欲不振、吐き気や黄疸が現れても治療をすれば治り、肝機能も正常になり元の健康に戻るとのこと。この中で少数は劇症肝炎になることもあり、命の危機にさらされることもあるのです。

問診票またHBVに感染して持続感染となってしまった場合は、何も感じないキャリアという状態で、そのまま気付いたら肝臓癌になってしまったということもあります。また持続感染から慢性肝炎になり、そこから肝硬変、肝臓癌という経緯を進む場合もあるのです。つまりあまり症状がないB型肝炎ですが、持続感染している人は、気付いていないキャリアや慢性肝炎の人を検査で見つけ、少しでも早く治療をして肝臓癌にならないための対策をしなければなりません。このように肝臓は「沈黙の内臓」とも言われており、症状がないことが多く、だからこそ検査が重要なのです。

B型肝炎の状況

現在、国内でのB型肝炎のHBVに感染している人は110万人~140万人と言われています。特に多いのがHBV母子感染ですが、母子感染防止事業が実施される前に生まれた人に多いと言われています。また輸血による感染も1972年に抗原検査がスタートしたため、それ以前に輸血からの感染した人が多くいますが、今は輸血による感染はまったくなくなっています。

また2000年に日赤血液センターによって、初めて献血を行った人たちの検査によると、40歳未満では1%未満、40~69歳では1%を超えていたという結果となっています。つまり現在であれば55歳前後の人より若い人の感染者は1%未満なのです。逆に55歳以上の人はもう少し多くなると、ざっくり考えることができます。

女の子しかし現在、若い世代でHBV感染がまた多くなってきていると言われています。これはセックスによる感染からなのです。淋病やエイズ、クラミジア症、カンジダ膣炎、梅毒、性器ヘルペスなどのようなSTD、つまり性感染症の1つとしてHBVを考えることが重要であると言われています。また海外旅行などの機会も多くなっていますが、特に東南アジアでは驚くほどB型肝炎感染者が多いためとても危険が高くなっています。日本人はB型肝炎がとても少ないため、怖いもの知らずというところもあるようです。

B型肝炎について

病院B型肝炎という病名は多くの人が知っていると思いますが、実際にB型肝炎の人が身近にいないと、意外と知らないことも多いようです。そこでB型肝炎の原因は何なのでしょう。B型肝炎は、大人になってからHBVに感染した場合は発症します。またHBVキャリアの人が発症した急性肝炎や慢性肝炎などのタイプもあるとのこと。慢性肝炎が進行すると肝硬変となり肝臓癌へのリスクが高まるというものです。このようにB型肝炎はHBVの感染が原因ということになります。唾液や精液などでも感染するため、注意しなければなりません。

HBVに感染した場合、全身とてもつよい怠さが襲ってくることも。その上食欲がひどく落ち、吐き気なども起こります。そのうち黄疸が発症し、また右側の背中などが痛くなります。初めて感染したときには、そのまま軽い状態で落ち着いてしまい、知らないうちにキャリアになっていることもあるのです。

ではHBVに感染しているか検査をするなら、医療機関で血液検査が行われます。血液検査ではHBVが血中に含まれているかを検査するわけですが、家族にB型肝炎の人がいる場合や血液透析を受けている人、妊婦などは受けるようにしたいものです。B型肝炎は母子感染の危険もあるので、妊娠の可能性がある女性は妊娠前に一度検査を受けておくといいのではないでしょうか。

また、過去に集団予防接種で注射器の使いまわしにより、多くの方がB型肝炎に感染しました。国に訴訟をすれば、最大でも3600万円の給付金を得ることができます。この件に関しては国への訴訟となり、個人で訴訟を起すことは非常に困難ですので、弁護士をたてるようにしてください。一般的な訴訟とは違うので負担は軽減されます。ですので、B型肝炎訴訟での給付金を確実に得るためには、一度弁護士へ相談してみましょう。

B型肝炎治療について

B型肝炎になるとウイルスを体内から無くしてしまうことは、ほとんど不可能とのこと。つまり治療では肝硬変にならない、もしくはそこから肝臓癌にならないための治療をすることになります。治療には抗ウイルス療法というインターフェロン治療や拡散アナログ製剤を使った治療。そして肝庇護法や免疫療法などがあると言われています。急性B型肝炎の場合、肝庇護療法で多くは治ります。ただしB型急性肝炎の中でも劇症肝炎になった人は、亡くなるリスクも高くなるという危険もあるのです。

抗ウイルス療法は薬剤によって、ウイルスの増殖を抑制する治療と言われています。そのためにIFN注射での治療があり、このIFNとはもともと抗ウイルスとして体内で生成される成分ですが、人工的に作られたIFNを注射によって体内に注入していく方法です。

薬もう一つは、拡散アナログ製剤を内服する方法もあります。抗ウイルス効果を持っている薬剤である拡散アナログという物質を内服することで、ウイルスの増殖を抑制しますが、とても効力が強く副作用もIFN治療より少ないため、注目されている治療法です。

肝庇護療法については、肝臓がウイルスによって破壊されていくことを抑制させる治療です。ウイルスに直接攻撃をするのではなく、徹底的に肝臓を庇護していく治療法です。グリチルリチン製剤の服用する方法があり、肝硬変の人や高齢者に使われているとのこと。

またウルソデオキシコール酸での治療もあります。傾向剤ですが、漢方薬の熊胆の成分を人工的に作ったもので、肝臓の血流を増やし、幹細胞を保護する効果がある治療法です。人それぞれの症状によってはこの方法も使われています。

また免疫療法というものもあります。ステロイドリバウンド療法という方法は、副腎皮質ホルモンであるステロイドは体内の免疫を極端に低下させます。ステロイドによってしっかり低下させておいて、リバウンドを利用して一気に免疫力を高め、HBVが増殖を抑制して症状が抑えられるというものです。